「美しい庭が一年中楽しめる 日陰をいかす四季の庭づくり」

全取材先を撮影させて頂いた本が、いよいよ4月16日(火)発売です!
今回のテーマは、日陰のお庭。

どうしても日陰になってしまうお庭でも、アイディア次第で楽しく美しい庭づくりができる!
そのヒントがたくさん詰まった一冊です。

宇田川 佳子さん、斉藤 よし江さん、田口 裕之さん、3名のプロのガーデナー監修のもと制作された本なので、ものすごく充実した内容となっています。

より分かり易く実践しやすい情報を提供するために、編集さん、ライターさん、カメラマン、デザイナーさん、イラストレーターさん、校正さん、印刷屋さん、広報、、、と様々なメンバーが関わっています。
お会いした事がないメンバーが殆どでも、チームで一冊の本を作ります。
言葉と写真とデザインの融合。
それぞれが、それぞれの役割を全力で熟すから、出来上がった真新しい本を手にすると、ドキドキが止まりません。

今回表紙選びには関わりませんでしたが、最終的に選ばれたこの表紙写真、私も気に入ってます!

「日陰」って響きは少し暗いイメージがあるかもしれないけれど、写真を撮る上でもちょっとしたテクニックで、日差しが強い日向より綺麗に撮れたりします。
そして実は植物にとって日陰や半日陰の方が良いこともたくさんあるそうです。

お庭があるお宅はもちろん、なくても楽しめる一冊です。
充実した植物図鑑も必見!

本屋さんで見かけたら、ぜひ一度手に取って見てみてください!

[Link to Amazon]
「美しい庭が一年中楽しめる 日陰をいかす四季の庭づくり」(家の光協会)
宇田川 佳子・斉藤 よし江・田口 裕之 (監修)

寒中お見舞い申し上げます

寒中_結blog.jpg

直感で決めた今年の一文字。
決めてから、色々調べてみた。
「結-ゆい-」は、共同作業、助け合いを意味する。

ご存知「結」には他にも様々な意味があって、
繋ぐ、締めくくる、組み立てる、束ねる。

今まで自分が放ってきた矢を、点を、線で繋いで、
結んで、
今まで出会って来た人と人、モノ、事柄との縁を、
協力し合って、結んで。

一つ一つは小さくても、しっかり結んで行けたら。
日本だけじゃなくて、日本の外へも飛び出して。

自分だけじゃなくて、周りの人たちに、
たくさんの嬉しい縁が、実が、結ばれますように。

笑顔も忘れず。

本年も皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます

大切に想う

歴史や伝統文化が色濃く残る町を取材した時のこと。
同行していたクライアントさんがふと「ここの人たち(取材先の地域の人たち)は仕事が細かくて丁寧だよね」とおっしゃった。
そこは、神社仏閣、工芸品店や飲食店など地域全体で歴史や文化を守りつつ観光地として発展した町で、私自身各箇所で案内してくださる方々の話を聞きながら撮影していて、同じことを感じていた。

人、モノ、自然、想い、歴史、時間、場所、、、
人は心から大切にしている「何か」に対して、自然と丁寧に接する。
言葉にすると「そんなの当たり前」と思うかもしれないが、いろいろな感情を持つヒトは、時として想いと反した行動をとってしまい「当たり前」ができない時もある。

取材先の人たちは町の歴史や伝統を大切に守りたいと言う気持ちから必然と仕事が丁寧になり、それが受け取る側に自然と伝わるのだと改めて実感した。
その人の接し方、仕事ぶりを見るだけで「大切に想う気持ち」を感じられると言うことは本当に素敵なことです。
それは見方を変えると、その逆もあるということ。慌ただしくぞんざいに取り組めば、それも相手に伝わってしまう。
仕事はスピードも大切な要素だけれど、これからも「想い」を大事に一枚一枚シャッターを切って行きたい。

下の写真は取材先の写真ではなく、花園神社へお参りに行った時のですが、ここもやはり「大切にしたい」と言う人々の想いが詰まった空気が流れています。
見慣れた場所でも少しだけ見方を変えて訪れてみると、新たな発見があって自分も少し変われる気がします。

新宿・花園神社 2017年8月某日

新宿・花園神社 2017年8月某日

「グリーンローズガーデン 斉藤よし江さんのバラと里山に暮らす」4月27日発売

「グリーンローズガーデン 斉藤よし江さんのバラと里山に暮らす」 が本日4月27日マイルスタッフ(インプレス)社より発売されました。
Green Rose Gardenは全国から多くのガーデナーが訪れる、埼玉県・毛呂山にある人気のプライベートガーデンです。オーナーの斉藤よし江さんを一年間密着取材させて頂き、バラを始めとした四季折々の草花、そして里山の魅力がたくさん詰まった一冊になりました。
是非この一冊で日本の四季も楽しんでください。

[Link to Amazon]
「グリーンローズガーデン 斉藤よし江さんのバラと里山に暮らす」 

春から初夏へ。 まだ街中でも見かけるチューリップもたくさん載っています。

春から初夏へ。
まだ街中でも見かけるチューリップもたくさん載っています。